人気ブログランキング |

バック・パッカーの一人旅をお勧めします。


by kodaira220

俳句アラカルト

 

  俳句アラカルト 清 水 弘 一


ひたすらに俳句の道や青田風  
菊地緋沙
2019-18

山前俳句会の講師 久保田豊秋氏が逝去され
7月31日の通夜の昼間の俳句会に出された
追悼句である。
肺癌の闘病生活をされながらも、足利市で
主宰をされている「楷樹」の例会は無論の
こと、市内の各地区で依頼があれば出張句会を
されて居られた。

呼吸困難で声が出しにくく、耳も少し遠くな
り, 最近数カ月は車椅子での参加となったが

亡くなる三ヵ月前まで各句会に出席され指導
された。

家業の煎餅を家族と一緒に焼き続け、多忙を
極める8月・12月以外はどの句会も精勤さ
れる俳句道一筋の人生で、まさに ひたすら
に歩まれた俳句の道であられた。

豊秋氏の俳句は淡々とした自然詠の俳句で
あったが、氏ならではの目に映るものに対す
る慈愛が溢れ読み手にしみじみとした感動を
伝えた。


ご母堂も俳人であったとお聞きするので、
薫陶養育の様子が偲ばれる。
あれもこれも教えて頂ければ良かったと思う
のは後ろ髪を引かれる凡人の宿命である。

結句の「青田風」は土用前後の稲が青々と
茂っている田に吹く風のことであるが、師の
生き方そのものが混じりけのない青田を過ぎ
ゆく清々しい風を連想させる。

その他 追悼句の中から二首

水晶の数珠に涙や夏(はぶ)り   横山恵美子

()安居(あんご)や求道に迷いなかりけり 清水弘一

了。







# by kodaira220 | 2019-08-14 17:56 | 俳句 | Comments(1)

足利市の文化行事

 

 足利市の文化行事  清 水 弘 一


令和元年は 足利源氏第二代 足利義兼公
(よしかね)没後820年にあたります。
この機会に足利大学連携講座「あしかが学」
にて「足利氏」をテーマに6回の記念講座が
開かれます。

第一回 足利義兼と鎌倉幕府
     五味文彦氏 東京大学名誉教授

第二回  下野の国が生んだ足利氏
     綱川栄氏 下野新聞前特別編集員

第三回  平安期~室町期の足利氏に
    関わる歴史の概要と建築物
     中村恵三氏 足利大学名誉教授

第四回  足利尊氏評価の歴史的変遷
     今谷明氏 国際文化センター
     名誉教授

第五回  室町文化は東山文化に
     よって開花した
     熊倉功夫 静岡文化芸術大学学長

第六回  足利義兼と足利氏の世界
    千田孝明氏 栃木県立博物館
    名誉学芸員

期間 第一回7月24日第二回9月6日
   第三回9月14日第四回10月23日
   第五回11月18日第六回11月30日

この間に鑁阿寺での薪能・狂言の催し、
真言宗豊山派による声明 等等
足利市内約90か所での文化財一斉公開
が行われます。

足利源氏八幡太郎義家から足利尊氏まで、
尊氏から義昭まで十五代の征夷大将軍
そして室町幕府の文化的意義に脚光が
当てられます。  了。

  


# by kodaira220 | 2019-07-23 08:53 | 足利アラカルト | Comments(0)

俳句アラカルト



 俳句アラカルト 清 水 弘 一


隣国の幾度の壁木槿かな  
脇ひでみ
2019-17

隣国との関係は古来 友好関係と紛争を繰り
返すことが歴史に指摘されている。

トランプ大統領はメキシコとの国境に柵を
めぐらせ、不法移民を厳しく取り締まって
いる。
カルフォルニア洲他の地域をメキシコ
から取り上げた歴史は忘れている。

むくげは槿(むくげ)()槿(くげ)槿(きん)()・無窮花・はちす
と書き表される。

朝から晩まで咲く一日花で「槿(きん)()一日(いちじつ)(えい)
として、栄華のはかない事のたとえとして
使われる。

華道ではあまり好かれない花であるが、茶道
では鷹羽ススキとの組み合わせで玄関や床の
間に重用され季節感を呼び覚ます。

隣国とは木槿を国花とする韓国を指している
が、壁の一語で北朝鮮も含まれるかも知れ
ない。


徴用工問題・慰安婦問題・たび重なる抗日
運動などの壁について、不快感を持つ日本人
と韓国人は多く憂慮している。韓国側にも
日本側にもごく一部の過激派や扇動分子の
影が見え隠れする。

一時の感情、一部の扇動分子にとらわれない
で、両国の政治リーダーによる友好的で実り
ある協議が求められている。

中国唐の詩人白居易の漢詩に
「槿花一日自為栄」
槿花は一日なるも自ら栄となすとある。

作者はこの様な思いで一句したためたもの
と思われる。 了。





# by kodaira220 | 2019-07-18 10:03 | 俳句 | Comments(0)

俳句アラカルト

  

 俳句アラカルト  清 水 弘 一


しゃくなげや女人高野をはしる雨  
中川岱子
2019-16

しゃくなげ自生地は福岡県豊前市犬が岳が
有名であるが、関東では栃木県佐野市の
みかも山で「かたくりの花」が終わった後
しゃくなげの花の群落を愛でる。

又 狭庭に白山石楠花と隠岐石楠花が白い
清楚な花々をつけてくれるので、思いは
一入である。

女人高野とは奈良県宇陀市にある真言宗
室生寺の異称で、しゃくなげやの詠嘆の
五音で、女人高野そして室生寺を思い
浮かべる人は多い。

奈良の三重県に近い山里に位置するので、
バスや電車での移動では不便であるが、
山門に一歩足を踏み入れるとお寺全体が
招き迎えいれてくれる印象を持つ古刹
である。

金堂や五重の塔にいざなわれる石段の
両側に石楠花の高木が手招きして出迎える。

女人高野の名前のゆえか官女や白拍子に
迎えられる感を憶える。

夕立に会った女官が衣かつぎを頭上にかかげ
山門に飛び込んでくる姿も目に浮かぶ。

室生寺は天武天皇の建立との記憶がある。
壬申の乱で天智天皇との政権争いのことが
生々しく想いおこされる天下争乱の戦いで
あった。その戦いのさ中室生寺界隈を走り
抜ける武人たちの武具をゆする音に雨が
襲い掛かるとも取れる。

歴史にゆかりの女人高野を十七文字で絵巻
に仕立て上げる構想力に感嘆する。 了。






# by kodaira220 | 2019-07-13 06:04 | 俳句 | Comments(2)

俳句アラカルト



俳句アラカルト  清 水 弘 一


かたばみに空をあおげと励まされ
岩田美夏
あぽあん 5月句会 2019-15

「かたばみ」の兼題が出されました。 
カタバミ草は繁殖力旺盛なクローバーの仲間

野原や田舎のあぜ道などで簡単に見つける
ことができる三つ葉で黄色の花を持ち極めて
強靭な野草です。

この草の歴史は古く西洋では、三つ葉が「三
位一体」に通じることから、花言葉は「喜び」
[母のやさしさ」など素敵な意味が込められて
います。

日本では、かたばみの葉の紋様が均整がとれ
て美しいことと、かたばみ草の繁殖力旺盛で
あることから子孫繁栄の願いの家紋として
使われています。

この様なことから、俳句では「群れるとか、
星の絨毯とか、強く生きている」とか作り
がちでありますが、作者は全く違う視点から 
かたばみを句に仕立てました。

かたばみは草自体も横溢たる生命力を維持
しておりますので、人間あるいはその他の
動物に当てはまると思われますが、草自体
が天を向き、天を仰いで咲いておりますの
で見るもの全てに空を仰げと励ましている
と断じます。

坂本九ちゃんが 見上げてごらん空の星を!
とささやき、大きな声で歌っている様に
とらえました。かたばみは自分自身が元気で
ありますので、全ての人や動物たちに元気を
分かち合っていると創りました。

かたばみの兼題が喜んでおります。句作りに
豊かな発想が投入されますとこの様に素敵な
句ができます。人も自分も元気になれる 
この様な句を創りたくなって参ります。

 了。






# by kodaira220 | 2019-06-02 08:25 | 俳句 | Comments(2)