バック・パッカーの一人旅をお勧めします。


by kodaira220

俳句アラカルト



  俳句アラカルト  清 水 弘 一


 たちあがるものに馬の子みちのくは   遠山陽子

‐第五十四回現代俳句全国大会‐    2017-53  

俳聖芭蕉がよみがえり、3.11の後みちのく
の人々に対する復興への願いの挨拶句を
詠んだと思わせる。日本中の人々の祈り
が素直に述べられている。

何ものにもとらわれない馬の子のように
力強く復興にまい進して頂きたいとの願い
である。原発の除染の問題から自宅に帰れ
ない家庭も多々あり、家族との別れの喪失
の痛手の癒えない方々が多く居られますが、
草原を走り回る馬の子のように先ずたち
あがることから始めて頂きたいとの
メッセージです

日本国中、環太平洋火山帯の国々、五大陸
全てが天候や地震災害等に見舞われている
が、東北地方の災害の頻度が多く、被害が
大きい様に思われる。

「みちのく」はとてつもない歴史がある。 
マンモスと古代人は数万年前ベーリング海峡
を渡って来た。青森の三大丸山遺跡や陸奥湾
の縄文遺跡、久慈市の琥珀の装身具は日本列
島の表玄関であった証左であり、文化の発生
・伝播の時期も長かったことを伝えている。

約二千年の弥生時代の後、(えびす)などと呼ばれ
阿弖流(あてる)()が歴史に登場したが、当時の都人
(みやこびと
)

に劣らない歴史を持っていた可能性が高い。
その阿弖流為たちは馬の放牧を行い良馬を量産
した。後の伊達政宗は騎馬隊精鋭擁し
統一のロマンを持っていた藤原源氏の末裔で
ある奥州藤原氏の栄華は義経と共についえて
しまった。言葉の響き東北地方
歴史絵巻次々

さて己の力で立ちあがった子馬はやがて
みちのくの草原を雄々しく走り回る。

家族を作り群れをなし明日の末来に向けて
着実な歩みをきざんで行く。 了。






[PR]
# by kodaira220 | 2017-12-05 09:05 | 俳句 | Comments(2)

俳句アラカルト



   俳句アラカルト  清 水 弘 一


夜は夜の刻はかりをり時計草  岡本久一

- とらいあんぐる 2017. より -       2017-52

時計草は垣根を花が咲き連なり、蔓でおおう
ように無限の紋様の様に伸びている。
花は日本の和様の美でなくブラジルのサンバ
を踊る美女軍団の様である。

派手なマスカラとアイシャドウで縁取られた
花弁である。

垣根をいろどる蔓草の花と認識していたら、
甘いパッション・フルーツと同じ仲間である
らしい。

太陽の花はわれ先に太陽に全貌をさらし、
全身で日焼けを競い合う。

日影はまったくお好みでなくひび割れる様な
直射日光を浴びる。

サンバは興に乗っても乗らなくとも夜通し踊
り続ける、仲間達と次々と踊り続ける。
サンバの踊り手や観衆は時間を無限のもの
として陶酔して行く。

終日サンバの踊り子の躍動や鳴り響く音楽や
人間が織りなす歓喜や喧噪を鑑賞するのか
時計草は今日も目を見開いている。

時計草が夜目を閉じる花であるとの知識は
ないが、夜も眠らない花に思える。

その時計草は太陽光線を吸収し、夜はゆっく
りと太陽エネルギーを反芻(はんすう)
する草花と思えてくる。

花びらはストップ・ウオッチに似て二列の
文字盤の如き重層の時を刻み、計っている
様にも感じる。時計草と名を冠しているか
らには単に文字盤に似ているばかりでなく、
夜は夜で眼に見えぬ植物の時間帯の時を刻ん
でいるのではないか? 
或いは夜空に輝く星達の運行に眼を凝らして
いるのではないか? と作者は思いをはせる。

時計草という名のサンバの踊り子やバンドの
グループ、飲めば飲むほど青春を謳歌したい
一群のバッカスの申し子たちと言えど、
夜は夜の思い出を紬の様に織り成し、
時計草と同じように新たな太陽光線を浴びる
までの静寂の刻(とき)をたゆまな
く刻んでいる。   了。






[PR]
# by kodaira220 | 2017-11-15 10:04 | 俳句 | Comments(4)

俳句アラカルト


    
俳句アラカルト  清 水 弘 一



冷やし酒出世の素地はあるのだが  
岡本久一

- とらいあんぐる 2017. より -       2017-51


会社組織でもスポーツクラブの一員でも、
指導者が新人の研修生等に一律に感じること
です。


野球の王貞治や長嶋は天才でありながら、
一日千本 二千本のスイングを繰り返し、
相撲の力士達も四股・鉄砲を日々繰り返し
ます。


船場の丁稚小僧さんは毎日反物(たんもの)にさわり担ぎ
ますが、注文された反物暗闇の中から担ぎ
出して来て一人前と言われます。
毎日反物をただ担いでいるだけでは良い繊維
の商売人にはなれません。
背負った瞬間に、素材の感触・重さで素材
見当が付きます。分かるには、知る意識が
あり慣れれば出来ますが、その気が無い人に
は反物は反物で終わります。
手のひらでなく、手の甲の感触で分かった時期
がありました。


辻静雄氏は一日百匹の鯛を三枚に下ろしたと
読んだことがあります。鍛冶屋の職人は精魂
込めての一振りの連続ですが、何万回鉄を叩
くと一人前なのでしょうか、小さな違いです
が、その差を意識するか、気付くか、会得
するかで人間の才能の開花や仕事の出来栄え
は変わってきます。


人間はすべからく一流になる素地はあります
が、その努力をする人は多くありません。
述懐には指導者の愛情ともどかしさが感じ
られます。親も教師も同じ思いを持つと思い
ます。世界中何億もの若人が、素地はある
のだがと言われながら育って行きます。


幸せな出会いは 個人の才能を引きだし
育てることに繋がります。
才能と才能、
リズムとリズムがぶつかり目覚めることです
育てあげるまでの間が「素地があるのだが」
との思いです。


冷やし酒は季語として作者が選んだもので、
他の季語に置き換えても好いが、お酒が好きな
作者が選んだ季語はさすがにしっくりしていま
す。
季語の方が素直に連れ添っております。了。













[PR]
# by kodaira220 | 2017-11-08 17:02 | 俳句 | Comments(3)

俳句アラカルト



  俳句アラカルト   清 水 弘 一



この残暑親の許さぬ恋に似て   
岡本久一

- とらいあんぐる 2017.より-      
 
2017-50


親の許さぬ恋とは日常生活の身近に有る言葉
で、誰でもうなずくことが出来る。おぼろげ
に想像できるが何方でも簡単に経験できる
恋ではない。

具体的にはロメオとジュリエットの様な両家
のはざまの中の恋を連想する程度である。

一方、毎年温暖化というより亜熱帯化して
いる日本では残暑は日常化しておりどなたも
日夜体験し、残暑に舌打したい気分を味わう。

残暑と親の許さぬ恋との間に何の脈理もない
二つの関連のない言葉を「似て」の帯でくく
り付けるや全く新しい虚構の世界が表れる。

虚構の世界か、現実の世界か、区別のつかぬ
茫洋たる世界にいざなわれる。

そして納得する。

「この残暑」と特定されると今日のこの残暑
は親の許さぬ恋なのだと得心する。
虚構の構図が崩れにわかに現実の世界と
思わされる。

体験したことのない「親の許さぬ恋」とは
この様に寝苦しく、もやもやとこびりつく
ような焦燥や不安に駆られるものだ
と思い知る。

この残暑が親の許さぬ恋であるならば、
誰からも祝福される恋に似る残暑の夜もある
に違いない。初恋のような残暑、きりりと
冷えたシャンパンに似た夏の夜もある、
真夏の夜のジャズに似た白夜の宵も素敵で
あろうと思いめぐらせる。

この俳句でも、読者を空想の世界に遊ばせ
て楽しませる句に魅せられる。

久一氏は恋の伝道者であり、恋を振りまく
キューピットや夢を売る少女のスポンサー
かも知れない。   了。






[PR]
# by kodaira220 | 2017-11-05 09:40 | 俳句 | Comments(2)

運慶展



   

  運慶展 東京国立博物館
                清 水 弘 一



運慶は鎌倉初期の彫刻家。
今秋の「運慶展」には日本国中の作品
37
以上が展示されている。運慶は生没年が不詳
とされている。作品の完成度の高さ、発想と
表現力の多様さに圧倒される。

   ※運慶関連年表では1150年頃生れ、
       1223年没するとある。


運慶は仏師のジャンルに入る。彫刻という
作品でなく阿弥陀仏や観世音菩薩の御仏その
もの一軀づつを彫りだしている。

各種の樹木から彫りだしているが、彫りだ
している内に仏達の宗教心と融和して、人為
を越えた精妙さや仏心が乗り移り仏像に魂が
込められて行くと感じらる。

運慶の技量と思想が神意に近づきつつある
のではないかという思いが起る。
京都六波羅蜜寺の「地蔵菩薩坐像」の内部
には経文がぎっしり収められております。
仏師の畏敬や祈りと共に寺院の僧侶たちの願
いも仏像には託されていたことを知る。

奈良興福寺の「仏頭」は仏陀の顔大ぶりの目
鼻立ちで生気に満ち、現世の全てを見通す強
い意志が受け止められ、運慶自身の気持ちの
発露が伝わってくる。

栃木・光得寺と東京真如苑真澄寺の大日
如来座像
2軀は運慶作との表示はなく、
鎌倉時代作とだけ表記されている。
真如苑の坐像には栃木県鑁阿寺縁起と推測
されると意味深に説明されている。
ニュ-ヨークのオークションで高額の落札と
して紙上を飾った坐像である。

京都高山寺に可愛らしく置かれていた「子犬」
のレプリカでない本物を鑑賞する。
また、同寺の「善妙神立像」からは唐三彩を
思わせる色彩が往時の高山寺の明恵上人の華
やぎまで思いが馳せる。

運慶晩年の作 神奈川・光明院の「大威徳明王
坐像」は小作品で破損の部分が見られたが、
深い慈悲を感得する渾身の作であった。

運慶一門の慶派の四天王立像や鎌倉時代の多く
の仏像にも触れることが出来た。運慶を始めと
する鎌倉仏師の精神の高潔さに圧倒される
至福のひと時であった。       了。







[PR]
# by kodaira220 | 2017-10-29 11:10 | 美術展 | Comments(0)