バック・パッカーの一人旅をお勧めします。


by kodaira220

俳句アラカルト



   俳句アラカルト  清 水 弘 一


毎日が休みの中の夏休み   岡本久一

-多摩のあけぼの 創立三十周年記念句集より -   2017-31


毎日が休みとは定年退職した六十歳以上の人たちの
第二の人生を優雅に過ごす様子がうかがわれる。
やるべき仕事も、責任もなく日々生活を送る人達
それらの人々にも夏やすみという言葉はある。

句の平易さに思わず微笑みが浮かぶのは毎日が休み
の側に立つ人間だからなのであろうか?

毎日が休みの人達は日々どの様に過ごすのであろうか?

海外移住する人や海外旅行する人も多いであろう。
毎日ゴルフ・テニス、サーフィン等に明け暮れる人達
を想像することは出来るが身近には居られない。

毎日ゴルフの人が家族旅行することが夏休みとも
思えない。

還暦・古稀を過ぎても日々の生活のしがらみから抜け
出ることの出来ない人達ばかりが周りにいるのは
不思議と言えば言える。彼ら彼女らは、日々忙しく

コーラス・絵画・俳句・茶道・テニス・ゴルフを
楽しんでいる。その一方で、民生委員や自治会の役員、
各種ボランティア活動等にも励んでいる。


何も地域活動をしないと思える人も家で親や家族の
介護をされているかも知れない。寝たきりの両親や、
障害者を抱えるご両親は一週間に5時間程の自分の
時間が欲しいと思っている。どの立場に居られよう
とも夏休みは欲しいと思う。

ラテン国のスペイン・イタリー・フランスで仕事を
していた折、彼らが最も大事にするのは夏休みであった。

夏休みは家族と過ごす大切な時間であり、多くの会社
の社長や社員は夏休みを決めてから一年の生活の計を
組み立てるのが常であった。夏の時期パリやマドリー
やフィレンツェの住民が一か月前後都会を離れるのが
毎年の行事である。

作者は俳句結社の主宰で多忙であるが、現代俳句協会の役員
として俳句の審査・講評や地域の俳句指導なども行っている。
はたから見ると暇な生活と映るであろうが、子供時代
の様に夏休みが欲しいと切実に思うのが人の常である。
人間とは無為に日々を送ることの出来ない定めでは
なかろうか。AI化が進んだとしても、
忙中(ぼうちゅう)おの(かん)自覚程度
最良 






[PR]
# by kodaira220 | 2017-06-21 16:17 | 俳句 | Comments(0)

俳句アラカルト



   俳句アラカルト   清 水 弘 一



焼酎や翁のくねる島太鼓  林 みよ子


-多摩のあけぼの 創立三十周年記念句集より -   2017-30


佐渡の太鼓集団 (おん)太鼓座(でこざ)の和太鼓の演奏を句に
切り取ったものと

砂浜に置かれた大きな和太鼓を中に、ぼろぼろの
衣装に身を包んだ鬼の集団が一人づつ撥を持ち交互
に或いは相手に打たせまいと邪魔し、自分が一番だ
と主張する様に太鼓を打つ場面が想像される。
時に威嚇し、時に技の優れた様子を誇示する。

役人や民衆を島に近寄らせない様に、かがり火を
焚き鬼気せまるおどろおどろしい姿をして恐ろし
そうな演出で太鼓を打った伝説をかたどったものが
発祥であろう。

焼酎は鬼が飲みより一層緊迫感を盛り上げる効果
があったであろうし、作者自身が焼酎の歓待を受
けながら太鼓演奏を満喫したのかも知れない。

島と和太鼓の取り合わせであれば、佐渡ヶ島の他、
三宅島や佐久島を思い浮かべる人も多いであろう。

「三宅」という演目は太鼓を90°真横に置き、
体を水平移動させる太鼓演奏の所作であり、初めて
太鼓演奏を見る人も魅了する華麗さと太鼓の響きが
あり、日本中の演奏者が必ず演奏する曲でもある。

「祭囃子」の太鼓の音は陽気で粋である。
深川八幡や秩父・秋田竿灯等々の囃子の撥さばき。
演奏前後の撥2本を帯にいなせに差し込んだ姿も
ほれぼれする。

三宅や祭囃子ではくねるという印象はない、
佐渡の
(おん)太鼓(でこ)登場った変装
男達打ち鳴太鼓太鼓
縦横姿形容

夜の浜のかがり火の中で打ち鳴らす太鼓の勇壮な音
と鬼気迫る翁面の男達の演舞の姿に共感した感動を
分かち合う。   了。






[PR]
# by kodaira220 | 2017-06-17 13:42 | 俳句 | Comments(2)

俳句アラカルト



   俳句アラカルト   清 水 弘 一


冷蔵庫でくたびれはてた納豆菌  衣斐(えび)ちづ子

-多摩のあけぼの 創立三十周年記念句集より -   2017-29

冷蔵庫には出番がなく取り残された納豆が目についた。
早速蓋を取って状態を確認する、くたびれ果てた納豆
そのものでなく、納豆菌に同情を寄せる。

納豆は蒸したり煮たりした大豆に納豆菌をつけて発酵
させる。納豆をかき混ぜると糸状のネバネバが泡の如く
に出てくる。それを見ていると、食べる前から元気が
出る予感がする。

糸の正体はアミノ酸の一種だと615日の読売新聞で
解説している。アミノ酸はうまみ成分として知られる。
鮮度の落ちた納豆を見ると、元気の素であるネバネバ
のアミノ酸が活躍出来ぬほどの消耗状態に見えたので
ある。

納豆には水戸や茨城産の納豆の他に京都の「大徳寺納豆」
がある。大徳寺の塔頭の一つでお薄を頂いた折、
二服目を勧められたことが有る。


菓子器が下げられ、代わりに茶入れが目の前に置かれた。
けげんな顔をしたのであろうか? 
大徳寺納豆ですと茶入れを傾けて手の平で受けて
取り出す所作をも教えて頂いた。

京都の大徳寺納豆は禅宗のお坊さま達の蛋白源の一つ
であるが、浜名湖の周辺でも大徳寺納豆に似て乾燥
させた納豆がある。「浜納豆」と呼ばれている。

冷蔵庫の中にあった納豆菌とは 水戸や茨城産の糸
を引くタイプなのか、京都や浜名湖産の乾燥納豆の
納豆菌なのかと思いめぐらせる。

大徳寺や浜納豆であれば、冷蔵庫で乾燥させた古い
ものでも委細かまわず、包丁で細かくして「マーボ豆腐」
の隠し味にする。堅ければ少し早めに鍋に入れて柔ら
かくすれば、味と風味の劣化は感じられないと思います。

冷蔵庫に残った納豆で一句を仕立てる。
何とも 生活の達人と思えます。
もまれても、こねられ
ても、ネバリ気のある人生を送れる人が人生を楽しむ
勝者になれる、そんな気がして参りました。   了。







[PR]
# by kodaira220 | 2017-06-16 08:15 | 俳句 | Comments(2)

俳句アラカルト



  俳句アラカルト   清 水 弘 一



青春の過ちの嵩かき氷  永井潮

-多摩のあけぼの 創立三十周年記念句集より -   2017-28


男とは反省し自分の過ちを素直に認める「いきもの」である
と思わされる。
そして、過ちと認められるほどのものは他人から
見ればさほどのものでない事が往々にして在るであろうと思える。

かき氷を食べながら、己が歩んできた青春のアルバムの中に
過ちを覚える。
いつまでも青年の心を持ち、繊細なこころの
ヴァイオリンを奏で続ける人がいることにうれしさを覚える。

大正ロマンただよう半透明のガラスの容器に盛られたかき氷を
見ていると気分がメランコリックになり、己の過ちの一つ一つを
計るように嵩の高さを推し量っているのである。

かき氷はフラッペなどと名前も変わり、盛りつけるフルーツも
多種多彩となって昔懐かしい子供の頃食べたかき氷の原色に近い
苺の赤やメロンの黄色のものから程遠いおしゃれな食べ物に
変容している。

青春時代に過ちのない生き方は不可分である。

高校や大学でのクラブ活動や友人達との野外活動に汗を流し、
筋肉の躍動にまかせた青春。己の思い描く激情におぼれ、
他人の心の有様をかいま見なかった自分がいたであろうか。

青春の過ちとは 校友として山野をかけめぐった岳友との関係
であったのか、
演劇の仲間であったのか? はたまた、
別れざるを得なかった
うるわしのマドンナであったのか? 
それら一つ一つが切なくも揺るぎない思い出として今なお
培養されている。

青春の憧憬と願望。 それを旅先であろうと、かき氷を食べ
ながらであろうと思いだせる優しさと心の豊かさを持っている
作者の
素晴らしい人間性がうらやましく感じられてならない。
           了。





[PR]
# by kodaira220 | 2017-06-12 09:10 | 俳句 | Comments(2)

   とちぎの文化遺産公開  徳蔵寺
    清 水 弘 一 2017/6/7


 

栃木県県南地区5市2町の文化財が公開されている。

2017年度足利市では徳蔵寺・日光鹿島神社・浄林寺・
小俣町山車会館の4施設が選ばれ、6月3・4日
一般公開された。


徳蔵寺は日本三大五百羅漢(他2ヶ所は鎌倉建長寺・
中津市羅漢寺)の一つに数えられる。
同寺の羅漢像は全て一木造りで
513体に朱が塗られ、
その上に金泥・金粉で装飾された像が安置されている。


江戸時代後期の廻船問屋萬屋長吉右ヱ門の奉納とされる。
羅漢とは仏教において尊敬を受ける聖者のことであるが、
ピラミッド状に造られた台座に座る羅漢像の表情は豊かで
お姿も親しみやすさが感じられる。

源田住職は羅漢堂の前に、新たに羅漢像三態を石像で造り、
羅漢さんの説く意味を現代的に分かり易く説明される。

6月3日 足利市民の他 栃木県や群馬・茨城・埼玉など
からおよそ百名の参観者があり、住職が五百羅漢像の他 
かな地蔵尊(鎌倉時代)、千庚申塔(江戸時代)、愛染明王像
(平安時代)等詳細に解説された。

 この住職の人となりに賛同した市内外の人たちの輪が約150
の檀家数を上回る250人を数え、寺に携わっている。
一般公開のこの日も本堂前の三段の石段が急こう配で上り下り
に危ないから、五段に改造すべく設計者や施工者が集まり
、又一方では境内の段差を解消すべく清掃を行い、新しい工法
での敷地整備を計画していた。無論全員無償奉仕であるが、
一人の男は2か月毎日通っていると平然と語っている。


住職も羅漢像にならって飾らない人であるが、お寺の奉仕者たち
も恬淡とした集団であった。

目下秋篠宮家の長女眞子さまがブータン訪問中であるが、
徳蔵寺の住職や奉仕者達もブータンの寺院との交流の他、
ブータン政府からの依頼で電気の通っていない村に太陽電池で
の電気の供給にも貢献されている。


また、ブータンから足利工業大学に留学中の学生達の支援活動
もしている関係から、学生二人も清掃に加わり全員で昼食の
弁当を頂き歓談の輪となった。

今朝のNHKのニュースで奈良の薬師寺が取り上げられた。

高田好胤薬師寺元管主が百万卷写経勧進の道を切り開いて
金堂・西塔・伽藍等の復興の道筋をつけ再生させたこと
記憶に新しい。

薬師寺ほど知名度もなく、規模もはるかに小さいが、徳蔵寺の
源田住職の熱意と人となりで足利市に新しい仏教の有様が
生まれつつあることを体感し、観光ガイドのお手伝いを
しながら嬉しい一日を過ごさせて頂いた。    了。
 







[PR]
# by kodaira220 | 2017-06-07 10:56 | 足利アラカルト | Comments(2)